自分のペースで勉強できる通信講座【比較的安い点も魅力の一つ】

メガネの女性

資格の内容や受験のコツ

男女の作業員

危険物取扱者は危険物を取り扱ったり、その取扱いに立ち会ったりするために必要な国家資格です。危険物取扱者には甲種・乙種・丙種の3種類がありますが、中でも乙種第4種である危険物乙4の取得者が一番多いです。危険物乙4はガソリンスタンドの運用に関わったり、製造工場で利用される有機溶剤の取り扱いに関わるので取得者が多いのです。危険物乙4の資格を取得するためには、試験に合格する必要があります。危険物乙4の受験者は多いため、東京都ではほぼ毎週試験が実施されています。一部の間では危険物乙4の資格は簡単に取れると思われています。しかし最近では試験は難化傾向にあり、合格率が30%を切ることもあります。しかし難化しているからといっても、テキストや問題集を一通り勉強しておけば独学でも十分合格することはできます。

危険物乙4は、ガソリンスタンドなどの業務で使われる国家資格です。危険物乙4は学歴や実務経験に関係なく受験することができるので、他の危険物取扱者試験に比べて受験者数は多いです。合格率は30%前後と決してやさしい試験ではありませんが、独学でも十分合格することはできます。また化学物質を扱う問題があるので、理系有利ですが、暗記する問題も多いので文系でも十分合格することは可能です。危険物乙4の試験問題は、やさしい系と難問系の問題と2分することができ、その割合は「5:5」か「6:4」程度です。そのためやさしい系の問題をしっかり得点して、取りこぼさないことがとても大切となります。また危険物乙4には法令関連の問題も出題されますが、これは問題演習を繰り返し解くことで覚えることができます。このように受験のコツを覚えておくと良いでしょう。