自分のペースで勉強できる通信講座【比較的安い点も魅力の一つ】

メガネの女性

様々な現場で活躍できます

ウーマン

学校で資格を取得する

少子高齢化を迎えるにあたり、医療や福祉の仕事に関心を持つ人が増えています。特に福祉については、高齢者や障がい者など必要としている人も多い一方で、サービスの内容などについて知識が乏しい人も少なくありません。そのような悩みを解決する社会福祉士の仕事に注目が集まっています。そのため最近は社会福祉士の資格を取得して介護や医療現場などで働くために専門学校に通う人が多くなってきているのです。介護の現場では高齢者福祉施設やケアハウス、グループホームなどで相談に応じます。そのような業務に関する知識を学校で行なわれる講義で学んでおくことは現場で働く上で非常に役に立ちます。また医療の現場で即戦力として働けるように、ほとんどの専門学校では現場実習を行なっているので、非常に安心できます。新潟県でも高齢化は進んでいて、介護現場や医療機関などで社会福祉士を必要としています。そのため資格を取得しておくことは新潟県では非常に有用なことなのです。

資格は自信になります

社会福祉士が活躍する場は、介護の現場や医療機関など多岐に及んでいます。それ以外でも福祉の現場やその他の施設でも、社会福祉士が活躍しています。福祉の現場では、新潟市など各地域の社会福祉協議会で相談業務に携わることができます。尚新潟県の場合は、新潟県と新潟市それぞれに社会福祉協議会が存在しています。地域の人たちの様々な声を聞いて、暮らしやすい街を作っていく役割を担っています。またその他の施設では、児童相談所や精神障がい者福祉施設などで働くこともできます。このように社会福祉士が活躍できる場はとても広く、ニーズの幅は広がっています。しかしいずれの職場で働くにしても、専門的な知識と資格が必要になってくるので、学校に通うようにしましょう。専門学校に通って資格を取得しておくことは、現場で働く上で信頼性に影響します。資格を持っていればそれだけで利用者に安心感を与えることができるし、自分にとっても自信になるものです。